バストの構造

     スポンサードリンク

バストの構造とは?

胸の構造

バストは、一体どんなものからできているのでしょうか?
バストは、おもに、4つの部分からできています。

具体的には、乳腺・脂肪組織・皮下脂肪・大胸筋です。
中でも、乳腺は、バストアップには一番重要な部分になります。
乳腺は、女性ホルモンによって刺激されます。
女性ホルモンが十分に分泌されると、乳腺が発達してバストアップすることになります。

以上の構造を踏まえて、バストアップをしていくと効果的です。

ページのトップへ▲

乳腺

乳腺は、バストアップの一番重要な部分です。
乳腺の発達具合によって、バストの大きさが決まります。
乳腺は、母乳を分泌する組織と、母乳を乳頭まで運ぶ管でできています。
女性ホルモンの分泌によって、乳腺が発達します。
この、乳腺が発達すると、張りのあるバストになります。乳腺の発達したバストは、垂れにくいのです(笑)。

ページのトップへ▲


脂肪組織

バストのもう一つの、大きな部分は、脂肪組織です。
脂肪組織は、乳腺を保護するために発達するので、乳腺の周りにつきます。
ダイエットをしすぎると、脂肪が急に減ったりするので、この脂肪組織にも悪影響を与えます。

ページのトップへ▲


皮下脂肪

皮下脂肪は、バストにかかわらずどの部分にもあります。
おしりとか、ももとか・・・・。悩みのもとです(笑)。
ですから、背中とかにも当然あります!
この部分の脂肪は、バストアップに役立つ下着などによって、元のバストに合流させることができますので、役立ちます♪

ページのトップへ▲


大胸筋

大胸筋とは、バストを支える土台となっている筋肉です。
この大胸筋を鍛えることで、バストの重みを支えています。
バストそのものではありませんが、美しい形を保つために欠かせないものになっています。



ページのトップへ▲

スポンサードリンク
 

次の記事:バストアップ体操

バストアップ体操 バストアップ体操がバストアップに効果的な理由 腕立て伏せ 合掌のポーズ バストアップ体操がバストアップに効果的な理由 バ...

記事一覧:バストアップ方法

  
   
バストアップ豊胸体験談@
24歳、バストAカップ、痩せ型
1週目:バストアップの方法を覚える!
2週目:バストアップのつぼ押しをマスターする
3週目:バストアップ体操を加える
4週目:姿勢を気をつけて、バストアップ
5週目:バストアップも2か月目に突入!
7・8週目:バストアップのツボを押す
9・10週目:バストアップ体験記ラスト1か月
11・12週目:3カ月のバストアップ体験談終了
バストアップ豊胸体験談A
33歳・子ども一人・バストCカップ・太め
1・2週目:妊娠後のバストアップ
3・4週目:バストアップするマッサージを強化
5・6週目:バストアップサプリメントと食事を強化
7・8週目:バストアップエステに通う
9・10週目:バストアップの足つぼ
11・12週目:バストアップ総仕上げ
バストアップ方法
バストの構造
バストが小さい原因
理想のバスト
バストアップ体操
バストアップ体操
猫背をなおしてバストアップ
バストアップマッサージ
バストアップマッサージの方法
バストアップクリームの選び方
バストアップのツボ
バストアップのツボ
バストアップの食事
バストアップにいい食品
豆腐ハンバーグ-バストアップ豆腐
キャベツと蛤のワイン蒸し
おからのロールキャベツーバストアップレシピ
プエラリア:バストアップサプリ
豆乳はバストアップに有効か?
バストアップの下着
バストアップ下着の選び方
バストアップ用語集
女性ホルモン
乳腺
脂肪組織
バストアップリンク集
バストアップフィットネスリンク集
美容整形・豊胸術リンク集
運営者情報

スポンサードリンク

Copyright © 2006 豊胸手術に頼らないバストアップのコツ. All rights reserved